<< Homework -advan... asian.d >>
One of My Weak Points
e0166336_17194583.jpg

写真を撮る上での【苦手】、たくさんあります。
そのうちのひとつが黒。

でも【苦手】は克服するべきもの。
今回思い切って黒バックに挑戦してみました。



モデルさんは◆うちの子製作所◆にオーダーを戴いたゴールデンレトリーバーの虎太郎くん。
つい3日前に出来上がり、昨日お家へ帰ったわんちゃんです。
おうちへ送り返す直前に撮影しました。

e0166336_17335391.jpg

実はこの虎太郎くん、ゴールデンウィークの最中に突然の腸捻転で、たった5年の生涯に幕を閉じなくてはならなくなったわんちゃんです。
ご家族は本当に悲しまれて、どうお慰めしたらいいかわからないくらい、メールでお話ししてても本当に心の痛みが私にも伝わって辛くなってしまうような状況でした。
でも少しずつ、少しずつ落ち着かれていくのが文面から見て取れるようになりました。

わんこの腸捻転、調べました。
食後すぐにはしゃぐ子って多いらしいですが、そういう子は腸捻転になり易いそうです。
少なくとも食後1時間はおとなしくしていた方がいいそうです。
そういえば龍之進と鉄之介も食後すぐに遊びだします。
しかもかなり激しい追いかけっこ。(-_-;)
その日から、ぴたっとやめさせるようにしました。
わんこを飼ってる方々、どうかお気をつけ下さい。

e0166336_17374189.jpg

虎太郎くんが出来上がってまず思ったのは「すっごいかわいい♪」(手前味噌ですみません)。

そして次に、「この子と一緒になら黒に挑戦出来るかな」でした。
最初にオーダーをいただいた時からずっと、約3週間毎日のようにメールをやり取りし、
細かいご希望を聞くだけでなく、辛いお気持ちを聞かせて頂いたり、
自分が過去、同じような思いをした経験を思い出させて頂いたりもしました。

そんな中で聞いたお話とお預かりした写真の屈託のない虎太郎くんの笑顔。
e0166336_17435885.jpg


これらが全てご家族の愛情となって私の双手にかぶさり、完成させてもらったと感じました。

だから、この子となら苦手もチャレンジ出来るかも。

完成してすぐに黒いボードを買いに走りました。

結果がこれらの写真です。
やっぱり思ったよりずっときれいに撮れたなって思います。
虎太郎くんのおかげです♪

実は・・・

この虎太郎くんと入れ違いにお預かりしたわんちゃん、黒いわんちゃんなんです。(^^;)

黒いわんちゃんはプロの方でも口を揃えるほど撮影が難しい。
目がどこにあるのかわからなくなってしまう、と言います。

次はうまく撮れるかしら・・・

その節はまたご報告しますね。

とにかく今回は、ありがと♪ 虎太ちゃん。(^_^)v
e0166336_17482040.jpg



学校では習わない<<きょうのえいご>>

----- サービス -----
ホノルルにいた頃勤めていたイタリアンレストランで習った言葉です。
"It's a compliment from the house."(お店からのサービスです)
complimentとは褒め言葉とか丁寧な挨拶と言った名詞です。が、この言い方では少し内容が変わります。
例えばお誕生日にレストランに行ったとします。お連れの方が「今日、この人の誕生日なんだよ」とウェイターさんに告げたとします。洒落たお店なら、「店からお誕生日のサービスです」とワインを出してくれたりしますよね。この【サービス】が、ここで言うcomplimentです。日本語での【サービス】は英語のserviceとは意味が全く違います。
ちなみにhouseはお店の事。「当店」という訳し方でいいのかな。

ホノルルのレストランではたいていお祝い事のcomplimentは花火を飾ったチェリージェビリーでした。洋菓子音痴の葵、と以前書きましたがこのチェリージェビリーだけは絶品で大好きでした!!
東京で食べさせてくれるところはないかな、と思って検索したところ、こんなページ(たったこれ1件 ^^;)がヒットしました。
つまり、ない、ようですね・・・(T_T)

<6/5 追記>
Yahoo! USAで調べましたところ、チェリージェビリーではなくチェリージュビリー(cherries jubilee)でした。このカタカナで検索したところ結構ヒットしました♪

でもこんなところとか、こんなところとか、そう簡単に食べられるとは思えませんね・・・(^^;)
写真も余りないし、あってもハワイの店で出していたのよりずぅっとしょぼいです。(T_T)
ただ説明として書かれていたのは「お祝い事の席に出されるデザート」というのが一般的でした。フランベと言ってブランデーをかけてぼっ!と一瞬火をつけてアルコール分を飛ばすというのはハワイの店でやっていた通り。
アンジェロという仲良しだったウェイターがこれをやるパフォーマンスはまるで火の輪くぐりの曲芸のようでした。(笑)
[PR]
by ChampagneGold | 2009-05-28 18:08 |
<< Homework -advan... asian.d >>