<< Fleece Dog 個展 JPG or GIF? >>
うちにいた犬の病気
e0166336_9425011.jpg

こちらは前回GIFとJPGの違いを比較する為に使った写真のFELT PET。
◆うちの子製作所◆のアルバムで「匿名希望のプーちゃんです」とされています。
実はこの子、私の母からのオーダーです。(^_^)



e0166336_945286.jpg

で、こちらも同様。

私が小さい頃からうちで飼っていたわんこ達。
つまり私の妹(黒い方。ポピーといいます)と
弟(ポピーの産んだ子なので正しくは甥ですが。ロディといいます)です。

私が◆うちの子製作所◆を趣味の副業として始めたのをきっかけに、
母がオーダーしてくれました。
お代金もちゃんと(ずっと前に ^^;)貰ってあります。
が、面倒くさいのと最近はオーダーが立て込んでしまった為に
ずるずると先延ばししてきました。

先月に入ってやっとオーダーが落ち着いたので重い腰をやっと上げた、
というわけです。

e0166336_9485791.jpg

こちらがロディ。
古い写真なので色あせてしまいましたが、アプリコットです。
この子は18歳で神様の元へ召されました。
死因は老衰ですが、最後の2年ほどはヘルニアを患っており、
歩けない状態でした。
当時犬のおむつなど売っていなかったので、
トイレシートを後ろ足が出るように切って作り、ゴムひもで留めて使っていました。

e0166336_9515822.jpg

こちらがポピーです。
モノクロ写真ですよ・・・。いやぁね、そんな時代?
ポピーは12歳でした。
直接の死因ではありませんが、胃潰瘍を患いました。

当時の犬の医学はどんなだったのでしょうか。
専門的な知識はないので滅多なことは言えませんが、
人間の医学同様、今ほど発達していなかったと思います。

毎晩夜中に突然嘔吐を始めるポピー。
飛び起きて介抱する母。
そんな生活が続いたそうです。(私は小さかったので全く記憶にありません)

たまたま自宅の向かいが動物病院だったので、毎日通ったそうです。
かかった金額は当時で20万円。
コーヒーが喫茶店で一杯¥100程度だった時代だそうです。

e0166336_9593091.jpg

そんな大金をかけても、なんとしてでも治って欲しかったのでしょうね。
母の苦労の甲斐があってポピーの胃潰瘍は治りました。

が、強い薬の連続投与の為、ポピーは視力を失いました。
家の中をイスの脚や戸棚などにぶつかりながら歩いていました。

今の医学だったら視力を失うこともなかったかもしれません。
なんてことない、病気なのかもしれません。

それだけ辛い思いをしたポピーですが、
それを見ていた母もきっとものすごく辛かったことと思います。

早朝に起きる母のテーブルの上に、夜遅く作り終わったポピーとロディのFELT PETをそっと置いておきました。
作っているのは内緒にしていたのでした。

生活時間帯が違う為、母との会話は手紙やメモのことが多いですが、
「この子がまた私の元に帰ってきてくれるとは夢にも思いませんでした。
胸にしっかりと抱きしめて大泣きしました。心からお礼を言わせて頂きます。
本当にありがとう。」と手紙をもらいました。

e0166336_1043191.jpg

なんだか久しぶりに親孝行した気がします。(^^)

ロディもお空の上で、ポピーに親孝行してるかな?
[PR]
by ChampagneGold | 2009-08-14 10:06 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cpgold.exblog.jp/tb/10857499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by s at 2009-08-25 22:52 x
いい親孝行ができてよかったですね。
お母さん、つらい時期があったから、
余計にこみ上げて来たんでしょうか。
大好きな愛犬がそれほどつらい状態を見るのは、
大好きだからこそつらかったと思います。
最後まできちんと世話をされて、
可愛いだけで飼うだけじゃなくて、
責任を持つってことですよね。
手紙を読んで、
もう少し早く作ってあげればよかったかな、
と反省している葵さんを想像しました。
Commented by at 2009-08-26 15:25 x
★sさん★

お優しい言葉をありがとうございます♪
愛情を注ぐ対象が辛い思いをしているのを見ているのは、心が辛いですよね。
ましてや言葉の話せない、自分で何も出来ないもの達だから、
代ってあげたいと本気で思ったりします。

お察しの通り、反省しました。(^^;)

実はね、ずぅっと作らなかった理由というのは
忙しい&面倒という怠慢もあったのですが、私の腕にもあったんです。
ショップをやっていながらこんなこと言ってしまうのはまずいかもですが、
自分ではまだまだ修行の身と思ってるんです。
ショップの【過去作ったアルバム】をご覧下さった方が「この程度の出来映え」に対して、
その対価をお支払いくださるのであればショップ(商取引)は成立します。

でも私自身が考える、「母のオーダーを受けるレベル」にはまだまだ達していませんでした。
だから、ある程度納得いく技術が身につくまでこの子達はお預け状態にしていました。
現在の価格設定は相場としては決して高い金額ではないんですよ。(^^)v
雑誌などで有名な方の半額以下ですから。(笑)

私は大好きなわんこ達に囲まれて、仕事をしながら、半分趣味もかねてのんびりやっていきま〜す♪
<< Fleece Dog 個展 JPG or GIF? >>