<< I Gotta Prize A... The Cafe Nearby... >>
New 小麦入れ♪
e0166336_10584455.jpg

保育園では男の子達相手にプロレスごっこばかりしている小麦さん。
園からの連絡帳に書かれている遊び相手達の名前は圧倒的に男の子ばかり。
女の子らしく、からはほど遠い為、
少しでも女の子に見てもらおうと最近買う服はこういうワンピースが多いです。
(スカートだけだとプロレスの最中に脱げてしまう恐れあり ^^;)

嗚呼、わんこで本当によかった・・・(人間の子だったら、と考えるとゾッとします・嘆息)





さて先月半ばの話ですが、新しい小麦入れを買いました。
これに続いて2つめ。
実はトップの写真のワンピースはそのバッグを買った時に送料無料にする為についでに買ったもの。

↑のバッグがあるのにまた買ったの?と思われるかも知れませんが、
わん友達の中では私は極端にバッグを持っていない人です。
多い人では一頭につき5つも6つも持っています。
大きさも違うしそもそも一頭ずつしか入れられないから、多頭飼いならさらにその倍数分になります。
なぜ私が少ないか、というと99%、車で移動するからなのでしょう。使う機会があまりない。

でも今回は実は必要に迫られて買いました。
はい、こちらです。
e0166336_117922.jpg
洗面所の鏡に向かって自分で撮影していますので愛想のない写真ですがご容赦を・・・

前に担ぐリュックなのでまず両手が完璧にフリーです。しかも前なので安心です。
(背中だと後ろで何が起こってるか・・・特にこの子では不安でなりません・苦笑)

これ、散々苦労して探してやっと見つけたバッグなんですよ。

両手が空くという目的の為ならスリングが山ほど売られています。
が、私はあのスリングという代物が死ぬほど嫌い。
お金貰っても使わない。
なぜなら極めて所帯臭いからです。

あっ、人間の子供さん用は違いますよ。あれは全然そう思いません。むしろ逆にとても微笑ましいです。
でもわんこ用はちょっと勘弁してもらいたい。
特にバストが豊かな人だとわんこの重みでななめがけしたストラップが胸の谷間に食い込んでいて、
ちょっと・・・。
(おっと、私の貧相な胸ではそうなることはあり得ないと思いますが、と断っておきますけど)
だから絶対イヤ。

普通のショルダーバッグで重かったり動きにくかったり大変な思いをするのと、
スリングで重みが分散され、両手が空くから楽だけど所帯染みてしまうのと、
どっちを取るかと言われたら迷うことなく前者を取るわけです。

でもこれはスリングより100倍マシ(少なくとも私にとっては)。
e0166336_11214887.jpg
フタを閉めた図。(小麦入り)
このまま電車に乗ったりお店に入ったりも出来ます♪

前置きが長くなりましたがなぜこれを「必要に迫られて買った」かと言うと、
これなら小麦連れで写真が撮りやすいからです。(^_^)v

先月の伊豆旅行の時のバッグはショルダーでしたから、
小麦をいちいち肩から降ろして地面に置いて撮らなくてはなりませんでした。
でもこれならそんなことはせず、普通に撮影出来ます。

つまり先月末、小麦連れで行った保護犬ちゃん達の里親会の撮影にもってこいの代物でした。
わんこを撮る時はほとんど常にしゃがんでいます。
トップの写真はワンピースであることをわかりやすく見せる為にわざと立って撮りましたが、
普段はそういうことはしません。
だから立ったりしゃがんだりしてもいちいち肩にかけたショルダーを直したりする必要がない、
こういうタイプがとても役に立つと思ったからなのです。

しかもふたを開けておいて小麦の顔を出しておけば、小麦自身の様子もわかりやすいです。
このバッグの中から他の子とご挨拶したりもしていました。
腰に固定ベルトもついているので前のめりになってもまったく不安定にはなりません。
スリングでは前のめりになったらわんこが前に行ってしまい、下手をすると落ちてしまいます。
(もちろん落下防止のフックはついているでしょうから大事には至りませんけれど)

そんなわけでわんこ連れで撮影する機会のある人にはこのタイプが極めておススメです。

今月もまた、27日の日曜日に青山の国連大学前で行われるマルシェの横で里親会が開かれます。
この格好で私も撮影参加しますので、お時間があったらぜひお立ち寄り下さい。
わんこを飼うことを検討していなくてもわんこ好きな方でしたらぜんぜんOKですよ。
隣のマルシェで産地直送品がお安く売られているのでこちらもチェックです♪

「こむぎにもあいにきてくださいです♡」
e0166336_11335413.jpg

[PR]
by ChampagneGold | 2011-02-15 11:35 | 小麦 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://cpgold.exblog.jp/tb/14229780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Shiho at 2011-02-15 15:06 x
イヤん、わかるゥーーー!葵さんも同じ意見だったのわかって超うれしイ。私もあのスリングっていうの、かっこ悪ーいって思ってたんですよ!!なんかおばちゃんぽいよねッ。葵さんがあれつけてるのって想像したくないモン。私もわんこ飼ってもあれだけはぜーったいヤダ!って思ってました。小麦ちゃんのリュックはカンガルーみたいでカワイイ。。。
Commented by at 2011-02-15 16:15 x
☆ Shihoさん ☆

あはは♪はい、おばちゃんぽいっていうの、よくわかります。
でも便利は便利なのですよ。あれに入れてる人を見るとなるほどな、と思います。

小麦はフタを閉める時には抵抗しますが、入ってしまうとおとなしいです。
フタを開けて顔を出しているとこれまたおとなしいので、道をすれ違う人に
「あれ?ほんもの?ぬいぐるみかと思った。」と驚かれます。
で、ひとたびバッグから出すと暴れまくるガキ大将です・・・(-_-;)
Commented by ミュウまま at 2011-02-15 19:54 x
なるほど~
リュックいいですね。しかも前なら、安心安心。
顔だけ出してる小麦ちゃん、ホントにうぬいぐるみみたい♪
かわいすぎ~(^^)
洋服もいっつもカワイイの着てますね。よく似合ってる~♡
Commented by kiminomori_south at 2011-02-15 20:59
確かに、わんこ連れで撮影するとき、リュックって絶対いいですね♪
それにカンガルー風なのが、とっても可愛い☆

素朴な疑問なのですが、このリュックってやっぱりわんこ用なんですか?
Commented by at 2011-02-16 11:41 x
☆ ミュウままさん ☆

そうなんです、前じゃないとこの子、何するかわからないから・・・(^^;)

ぬいぐるみじゃなくて本物でよかったです。
この歳して前に背負うリュックしょってぬいぐるみ入れてたら危ないです(笑)。
ワンピース、かわいいですか。ありがとうです〜♪
Commented by at 2011-02-16 11:51 x
☆ kiminomoriさん ☆

はい、もちろんショルダータイプのキャリーも邪魔なのですが、
かといって下に降ろしてうろうろされるのも余計困ります。
(てつは吠えるしむぎは挨拶したがるし・・・)
なのでリュックは重宝です〜♪

はい、わんこ用です。にゃんこはどうかな・・・
これはポンポリースで見つけました。ちゃんとリードフックもついていますよ。
この柄はもう売り切れてしまったようですが、違う柄で同じようなデザインのがありました。
http://pompreece.jp/webshop/products/detail.php?product_id=1604
ポケットにおやつとかいろいろ入れられます。(^_^)
夏は暑くなるのでここに保冷剤を入れようかと思っています。
Commented by Amy at 2011-02-17 18:07 x
 らんちゃんは、まだ小さかったころに買ったバッグしかありません。 おそらくもう小さすぎます。

 車に酔うし、初めて買ったバッグに入れて、嬉しくてお買い物してた時も酔ったので、ちょっと怖いです。 顔を出してれば平気みたいなんですけどね。

 保育園も楽しそうですね~。 何年保育ですか? ずっと行けるのかな? 
Commented by at 2011-02-17 19:16 x
☆ Amyさん ☆

らんちゃんはデリケートちゃんなのでしたよね。
辛い思いはさせたくないし、でも一緒にお出かけもしたいですよね。

お顔を出していれば大丈夫ならそういうバッグはとても多いですから探してみてはいかがでしょうか?
電車やお店の中では閉めなくてはならない場所もありますが、
そういう場所ではほとんど人間の方が動かないから
酔うこともさほどないかも知れませんよね。

保育園は永遠に(笑)預けられます。今いる子で一番歳上の子は確か10歳くらいだったはず。
鉄之介が通いだしたのは開園した直後ですが、ほぼ同じ頃からいるので
たぶん既に5年くらい通ってるんじゃないかな?と思います。
基本的なしつけも教えてくれるし、小麦はとっても楽しいらしくていつも連れて行くと
私のことなど振り向きもせずに保育ルームにまっしぐら、です(ちょっと悲しい ^^;)。
<< I Gotta Prize A... The Cafe Nearby... >>