<< おうちスタジオ Vol. 14... 政犬交代・ペディ○リー党♪ >>
撮り鉄もどき♪ -東急世田谷線-
e0166336_11335462.jpg
3/21、10数年ぶりに世田谷線に乗りました。

子供の頃は沿線に住んでおり、通学も通勤もこれを利用していました。
その頃は床は木製(フローリングじゃないのよ)、エアコンもなく、夏は窓を全開にして走っていました。
夜に帰宅途中、始点の三軒茶屋から乗って発車を待っていると
開いた窓から車内の灯りを求めて蛾がぶんぶん入って来てそのたびにきゃあきゃあ逃げ回っていました。

15年くらい前だったでしょうか、キャロットタワー竣工と同時に駅舎が新しくなり、
それと共に新型車両に変わりました。
ちょうどその頃、キャロットや駅舎の工事している最中に前の家に引っ越してしまったので
一度もこの新型車両には乗ったことがありません。
今回保護犬のチャリティグッズに関する打ち合わせで小麦の預かりママさんにお会いする為に
初めて乗ることになりました。

待ち合わせの場所は普段だったら当然のように車で行っていたのですが、節約の為に電車。
思わぬところで乗れる機会があってちょっと嬉しかったです。
節約って、いろいろいいことがたくさんありますよね。(^_^)



今回は全て携帯で撮影したものです。
以前携帯カメラがうまく使えない、と嘆いていた私ですがそれなりに少し練習して一応理解しました。(^^;)

三茶の駅で待っていたら青い電車が来ました。
e0166336_11433484.jpg
他にも赤いのや黄色いのも見かけました。昔は緑色一色だったのにね。

その【緑色一色】が記念碑のように世田谷の駅(上町だったかな?)に停まっていました。懐かしい。
-----------------<3/25訂正・宮の坂駅でした。(いい加減な記憶ですみません)>------------------
e0166336_1145724.jpg
雨の窓越しの撮影です。

世田谷線には日本で唯一、【自動車優先】の踏切があることで撮り鉄の間では有名です。
環状七号線と交差している信号では、環状七号線側が赤になった時のみ電車が横断します。
つまり環七が青の間に交差点に近づいた電車は信号待ちをしているワケで。
ちょうどそのすぐ近くに自宅があった為、その信号待ちの様子を撮影している人達を子供の頃よく見かけたものです。

今回は自分が乗っている立場なのでその信号待ちの写真は撮れませんでした。

e0166336_11481353.jpg
料金は昔と変わらずバスのように均一制です。従って切符はありません。
乗車口は二両編成の車両の最前と最後尾にあり、そこにあるこの料金箱に乗車賃を入れて乗ります。
降車口は各車両の中央と連結部近く。

昔と変わっていたのはこの料金箱がおしゃれになったこと、PASMOのタッチが上についたこと、
そして料金が¥110から¥140に上がったことくらいかな。
座席もおしゃれになっていましたけど。

携帯カメラ、慣れると確かに便利ですよね。
別な日ですが買い物で出た時にこんなのも撮りました。
e0166336_1154116.jpg
この角度からはちょっとわかりにくいのですが、
丸い雲に輪のような雲がかかって、土星のようでした。

携帯、もっと練習してきれいに撮れるようになろうっと。
なんせKissより解像度がいい(Kiss Xは1100万画素、携帯は1400万画素)のだから(苦笑)。
[PR]
by ChampagneGold | 2011-03-24 11:56 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cpgold.exblog.jp/tb/14485278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brazo_de_gitano at 2011-03-25 06:36
私も昔、この緑色の電車に乗ったことがあります。確か、下高井戸だか明大前からだったと思うのですが。記憶が定かではありません。三ノ輪橋と早稲田を結ぶ都電も車両がカラフルになりました。こちらは一律160円です。
Commented by at 2011-03-25 10:52 x
☆ brazo_deさん ☆

緑色をご存知ですか。嬉しいわ♪
この緑色タイプよりもっと古い【玉電】と呼ばれて246を走っていたタイプは
今、渋谷のハチ公前に展示されています。(【ハチ公物語】にも出ていました)
三茶と下高井戸を結ぶ、10駅ほどしかないローカル線ですが
朝の通学・通勤時は腕が折れそうなほど混んでました。多分今でも。
Commented by sherry-syu at 2011-03-25 11:04
緑色一色と言って思い浮かぶのは、池上線。
どちらも東急だし、同じ車両なのかしら?

フローリングじゃない木製の床、私も知ってますよ~
京浜急行とJR南武線を思い出します。
通路の真ん中にポールがあったのと、結構油のかおり漂う電車だった記憶。
路面電車もそんな感じだったかも?
今の冷暖房完備、案内表示&TV付きとは大違いだけど、
のんびりしてたかな・・・


Commented by at 2011-03-25 11:38 x
☆ sherryさん ☆

池上線は3両編成でしかも切符があるから運転手さんは単に運転するだけなんですよ。
だから車両の前と後ろに料金箱はないの。

でも世田谷線は乗車賃のやりとりまでするのよ。
今は料金箱がやるみたいだけど、緑色の時は直接小銭渡してお釣り貰ったりしてたの。
それで、朝の混雑時は前後の入り口から乗れないから、
運転手さんに手を伸ばしてお金渡して出口から乗ったりも出来ました。

油の香り・・・床のワックスの匂いかな。なつかしいよね。(^_^)
<< おうちスタジオ Vol. 14... 政犬交代・ペディ○リー党♪ >>