<< 竹林 -報国寺- ただいま修行中(T_T)- ... >>
錫音の発作
e0166336_16423021.jpg
錫音FELTです。
もうだいぶ以前に作ったのですが、お披露目するのを忘れていました。
自分のうちの子のFELT PETなんてそんなものです。紺屋の白袴(笑)。

実は先週の金曜日、錫音が緊急入院しました。



事の次第はこうです。

比較的風があり、涼しめだったその日の午前中、
いつものように小麦と錫音を連れてドッグランに行きました。
最近錫音はタケノコ投げに夢中です♡
私がタケノコを投げ続ける限り、永遠に全力疾走で取りに行きます。これがそのタケノコ。
e0166336_16462373.jpg
小型や超小型わんこ用のおもちゃで、わずか百数十円で買えます。

最近タケノコの投げ過ぎで筋肉痛になったという噂アリの葵ですが、
この日も何十回も投げさせられました。取りに行って、戻って来ては「おかぁさん、投げて♡」とせがむのです。
e0166336_16481061.jpg
これは別の日の夕方の写真ですが、こんな感じで相変わらず宙を舞いながら走ります。

お友達と取り合いになるのもまた楽しいもののようで。
e0166336_1649418.jpg
パピヨンのマリーちゃんと共に走る、走る。

とまぁ、その日もさんざん走り回ってさんざんお水を飲んで1時間半ほど遊びました。
そして母はMダックス・そらのママと同じくMダックス・モアナのママと3人で
近所にランチをしに行きました。

いつものようにバッグに入れた錫音を隣りのイスにバッグごと乗せ、
おしゃべりをしながらお食事が運ばれてくるのを待っていました。

そらママとモアナママのお食事が来ました。
私のは違うメニューだったので少し遅れるとのことで待っていたら、
いきなり錫音が「きゅん」と小さく鳴きました。

「?」

普段カフェで一切そういう声を出す子ではありません。

ふと錫音を見るとバッグの中でぐったりしていました。周りはよだれでびっしょり。

「すず!すず!どうしたの!!」
と立ち上がってバッグを床に降ろし、
歩かせてみるとよろよろと数歩歩いたと思ったら失禁してしまいました。

「すずが変!」
とそらママ&モアナママに告げ、「病院連れて行く!」と言い、
「食事はいらないから!」とお金をテーブルの上に置いた時、ちょうど私の食事が運ばれてきました。

「ごめんなさい、犬が具合悪くなったので病院に連れて行くから、お食事はいりません」とお金だけを渡すと
「じゃあ、今すぐ折り詰めしますからお持ち帰り下さい」と言ってくれました。

時間が時間だったので「病院、今やってるかな?電話かけてからの方がいい」と二人が言うので
慌てて携帯で電話をすると、「ではいったん預かりますのですぐ連れて来て下さい」とのこと。

ちょうどこの日は暑くて車で行っていたので、そのままお店を出て車に乗り、
クーラーを全開にして助手席に横たわらせた錫音にダイレクトに当たるようにしました。

普段なら顔にドライヤーの強い風が当たるとものすごく嫌がるのに、
気持ちよかったらしく目をつむってじっとしていました。

15分ほどで病院に着くと看護婦さんが出て来て預かってくれました。
「後ほどお電話しますので」と言って奥へ連れて行かれました。
その時の錫音の不安そうなまなざしが今も目に焼き付いています。

それからいったん家に戻りました。
小麦は何が起きたのかわからず、おどおどしていました。
「大丈夫よ、あとですずちゃん、帰ってくるから」と声をかけました。

折りに詰めてもらったおいしいお食事も喉を通るわけがありません。

小さな小さな錫音。

それが暑い中、いつものように元気いっぱいに全力疾走でタケノコを追いかけていました。
お水もたくさん飲んだけど、体が熱くなっていたのでしょう。

普段通りにバッグに入れたままにしていましたが、中で熱がこもってしまったのかも。
ネットで調べると熱中症の症状にぴったりでした。

「すず、ごめんね。おかぁさんがもっと休ませればよかった。
お店でもバッグから出しておけばよかった」
普段はバッグの中の方が落ち着くらしく、じっとしています。いないと思われることもしばしば。
でも熱くなった体はバッグの中で熱を発散出来ずにいたのでしょう。

何の連絡もないので不安でした。
とりあえずこちらから電話をしてみると、
「今は落ち着いています。疲れたのか眠っていますから、またのちほどこちらから電話します。」
とのこと。

なんだ、それならそうとまず知らせてよ。
こっちは死ぬか生きるかくらい心配してるんだから。

そらママに電話をして、とりあえずその時点でわかっていることだけ知らせて、
やっと食事が喉を通るようになりました。

******************************

夕方電話が来て、「8時に迎えに来て下さい。先生から検査の結果をお知らせします。」とのこと。

8時に行ってみるといつもの先生がいらして、一言、
「発作ですね」

発作?何の?熱中症じゃないの?

「熱中症なら100%、発熱します。でも全く熱はありません。血液検査の結果から見ても発作です。
何の発作かを詳しく調べたいのであれば、全身麻酔をしてMRIとCTを撮らないと絞れません。
ただ血液検査の数値から見ると内蔵系から来てることはまず考えられないので脳の方でしょうね。
頭蓋骨、穴空いてるし(これは以前から聞いていました)、水頭症か、てんかん・・・かも。」

「でもこの子を引き取って1年ちょっとですが、こんなことは初めてです。」
というと、
「発作は先天性とは限らないですよ。」と一蹴されました。

「この小さな体では全身麻酔もリスクがないとは言えません。それにMRIとCTを撮れば
10万は軽く超えます。だからとりあえず経過観察ということにしましょう。
どうしても知りたい!と言うなら設備を持つ病院に連絡しますけど。」

と言うので差し当たりどうなるかわからないのでその通りにします、と返事をしました。

当の錫音はと言うと・・・

e0166336_2357475.jpg
「おかぁさ〜ん、おなかすいたぁ!!」だと。

「食事はさせてもいいですか?」と聞くと、
「ああ、もうすっかり元気ですよ。いつもと変わらない。ケージの中に入れっぱなしにしておいたら
吠えるのでうるさいからスタッフ室で遊ばせていたくらいですから。」

はぁ?吠えた?

「ひょっとして、『わぅわぅわぅわぅ・・・』っていう感じのヘンな声ですか?」
「ああ、そうそう、そんな感じ。何あれ?」

・・・・(-_-;)。私が聞きたい。
ドッグラン仲間の分析によると、「すずちゃん、また宇宙船と交信してる。」らしい。

瀕死の状態で運び込まれたくせに、宇宙吠えすんなよ!!
こっちは食事も喉を通らないほど心配したんだぞ!

そのまま半日入院と血液検査と再診料で1万3500円も(!)払って帰りました。

しかも!それで終わりではありません!

夕飯を食べ終わった直後、元気に走り回りかけて一瞬変な動きをしたと思ったらへたり込んだ。

また発作か?!
と思ったらなんと今度は・・・膝がはずれた(唖然)。

パテラ(膝蓋骨脱臼)のレベル2とは言われていたけど実際にはずれたのは初めて。
小麦はレベル1で過去2回ほどはずれたのを見てるけど錫音は初めてでした。

どうしようどうしよう・・・とおろおろしていたらすぐにまたはまったみたいだった。
ふたたび駆け回り始めた。

まったくもうっ!

錫音に振り回されまくった一日でした。
そして翌日からまた再びドッグランでタケノコを追いかけて爆走しております(-_-;)。

そらママ、モアナママ、お騒がせしてごめんね。
ランチはまた今度ゆっくりと。次回はお詫びに私がごちそうします。(すず、払えよ!)
[PR]
by ChampagneGold | 2012-07-17 00:08 | 錫音
<< 竹林 -報国寺- ただいま修行中(T_T)- ... >>