<< おうちスタジオ Vol. 35... "baybike&q... >>
The Fire Works ★2回目の花火@横浜
e0166336_14401722.jpg

というか、正式には3回目です。
この7/19,20の土日、山下公園前海上では続けて二晩、花火があがりました。
で、今回お目にかけるのは20日の方。もちろん19日も撮りましたが、こちらは練習。
20日が本番のつもりでした。

20日が本番でよかった。実に面白いものが撮れたからです。
この写真をよ〜くご覧ください。
お空の色が変わっている下の方、黒いお空からグレーのお空を通って街に向かって、
稲光りが3本出ているのがおわかりいただけますか?






この日のこの時間、東京西南部と川崎市では強烈な雷雨。田園調布本町では100mm/hにも達したとか。
横浜でもいつこの雨雲が来るか来るかとイベント主催者はいてもたってもいられなかったはずです。
が、なんとか開催時間の19:30〜20:00は雨にたたられず、無事開催→終了を迎えました。

しかしこの山下公園の対岸である川崎市ではカミナリさまが大暴れ。
で、冒頭の写真となったわけです。

他にも稲光りが写っていて、実際に光った瞬間はどうなるかの対比がわかる写真がありましたのでご覧ください。

こちらが普通の写真。
e0166336_144895.jpg
まだ花火大会は始まっていませんが、この日は花火だけでなくイルミネーションナイトだったのでボートやヨットもきれいに飾り付けされています。

そして光った瞬間。
e0166336_1450325.jpg
右側ですが、上の黒い部分が雨雲でそこから稲光りが下に向かって降りているのが見えますよね。
そしてその瞬間は雨雲より下の空中部分がとても明るくなっています。
一瞬だけど稲光りは、野球場のナイター設備のように明るいです。

さて、雷雨のお話はそのくらいにしてこの他の花火の写真をご覧戴きましょう。

前回の花火は打ち上げられた場所がみなとみらい。
でも今回は家の真ん前の海上なのでやる気満々の葵之介です。

でも結局撮り方はわからないままだったので、19日の練習の日、
とあるサイトを見つけてそれを参考に試し撮りをしました。
「デジタル一眼レフカメラ初心者入門講座」。
「初心者」、しかも「入門」・・・・・う〜〜〜ん、いい響き♡

どんなとんちんかんな質問しても許されちゃう♪
誰もが手取り足取り優しく教えてくれる♪
そんなぬるま湯にどっぷりつかっていられるようなありがたい響きです♡

が、まず第一に書いてあったのが、
「撮影にはカメラと三脚、レリーズの3つがあれば大丈夫です。」

ゑゑゑゑゑゑゑ・・・・・・(汗)

レリーズ、踏んづけて壊しちゃってから買い替えてない・・・(やる気あんのか?)

しょっぱなから撃沈なニセ初心者。
初心者って最低でも用具だけはperfectな人種だよね。
これじゃ「初心者です♡」って威張れない(?)。

いい!わかった!開き直った!
携帯やスマホで撮ってる人達と同じ人種だと思ってもらおう(誰に?)。

限りなくそ〜っとシャッター切ればいいんでしょ。
で、多少ぶれてても気にしなければいいんでしょ。

はい、わかりました。屋上に三脚立てて頑張ります。

で、頑張った写真、一挙大公開です。

まずはスタンダードなタイプ。
e0166336_1564157.jpg

e0166336_1571598.jpg


素人向けのドラゴンの親玉みたいなタイプ。
e0166336_1573446.jpg


ちょっとこったタイプ。それぞれ名前を付けてみました。

e0166336_1583923.jpg
Cosmos

e0166336_1592096.jpg
朝顔

e0166336_1593435.jpg
ブーケ

e0166336_1595618.jpg
UFO

e0166336_15102511.jpg
Magic

その他にも華やかなのがたくさん♪

e0166336_15114451.jpg

e0166336_15115333.jpg


そして、あの稲光りの写真がなかったら、トップに持って来ようと思っていたゴージャスなのがこちら。
e0166336_15124725.jpg


もちろんこれらは一度にこのように花開くのではなく、
バルブ撮影(わからない人はスルーしてね)で長時間開放してるから時間差のものがいくつか重なってこのような形になるので、決して同じ写真は二度と撮れないし、その花火師さんによって上げる順番も違うだろうから真似も出来ないものです。

ま、レリーズなしにしてはさほど揺れてはおらんでしょ?

ちなみにこの夜空の祭典は音も光も花火なのかカミナリなのかわからないような状態でした(苦笑)。
20:00に終わったとたん、バケツをひっくり返したような雨。
ぎっしりと公園を埋め尽くした観客の方達はかわいそうだったです。
e0166336_15175775.jpg
たったこんな一角にこれだけたくさんの人、人、人。

でももっと大変だったのはそれらの膨大な数の人達が
一斉に走り帰る波を整理する何十人もの警察官と警備員の人達。
お疲れさまでした。風邪引かなかったかな?

来月の真打ち、神奈川新聞花火大会は臨港パークからの打ち上げなので、もう撮影はパス。
また来年、拙宅の前で上がる日を楽しみにしています。
打ち上げ場所からわずか300mほど、眼前に何の遮蔽物もなく、
高さ40〜50mほどのベストポジションで花火撮ってみたい、
という方は来年この日近くなったら連絡ちょうだいな。
場所取りしておきますです(三脚立てるのに絶好のポジションゲットするです)。

かなり近いのでレンズは55mm程度まで。それ以上だと近過ぎ(花火大き過ぎ)て入りきらんのよ。
間違っても70-200なんぞ持って来ないように。
三脚とレリーズ(笑)忘れずにね(^_-)-☆。

あ、来月の臨港パークは撮影はしないけど見には行こうかと思ってます。(こっちも70-200は不要かと)
たぶん大桟橋の上からならさほど混んでなく見れることかと思います。

そうそ、大桟橋と言えばこの花火の前の週末に行ったアロハヨコハマのレポートもしなくちゃね。

あないそがしや、YOKOHAMAの夏。
[PR]
by ChampagneGold | 2014-07-25 15:27 | 横濱☆YOKOHAMA! | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cpgold.exblog.jp/tb/22231912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by brazo_de_gitano at 2014-07-25 20:23
すごいです。どれも素敵すぎます。稲光の写真はとてもインパクトがあります。
いいですね。お宅から撮影ができるなんて。

Commented by ChampagneGold at 2014-07-25 23:44
☆brazo_deさん☆

こんばんは♪いつもコメントありがとうございます。

いやいや、今回撮ってみてつくづく思いましたけど、
花火の撮影って1に好立地、2に好立地、3,4も好立地で5がレリーズ(笑)、って感じがしましたね。
とにかくこれだけ恵まれた場所ってないぞっていうくらい恵まれてましたから、これでうまく撮れなければマジに初心者入門からやり直せよって。
Kissのキットレンズですらうまく撮れそうってほどです。

よかったら来年撮りにお越し下さいませ(^o^)
<< おうちスタジオ Vol. 35... "baybike&q... >>