<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Valentine's Day♪
e0166336_13464821.jpg

龍之進が逝ってしまって1ヶ月が過ぎました。
その間に自分の誕生日やバレンタインデーを迎えましたが、何もかもがどうでもよく何をする気にもなれませんでした。

が、お友達のみなさんは、ちゃんと覚えていて下さいました。

More
[PR]
by ChampagneGold | 2010-02-22 14:07 | 日々のできごと | Trackback | Comments(6)
Thank You for Tons of Your Love♪ Vol. 1 -Prologue-
e0166336_103341.jpg


<今までぼくをかわいがってくれたみなさん、そして最期に応援してくれたみなさん達へ>

楽しい思い出をありがとう
優しいぬくもりをありがとう
いつも変わらぬ愛をありがとう

もっともっと一緒に過ごしたかったね
あなたのことは忘れません

精一杯の愛を込めて

龍之進



長くお休みを戴きましたが、2/12、復帰致しました。
この記事を含め全六章に渡る長いものですが、
よろしかったらぜひ最後までお読みください。
(アップロード日時は正確ではありませんが、文中日時は正確なものです)


[PR]
by ChampagneGold | 2010-02-08 10:08 | 龍之進
Thank You for Tons of Your Love♪ Vol. 2
e0166336_1516401.jpg

何からお話しするべきか迷いましたが、
まず龍之進に温かいご声援を下さった多くのみなさま方に心よりの感謝の言葉を。

そして何より13年間、私達家族に両手いっぱい溢れるほどの愛と幸せをくれた
龍之進に限りない感謝の言葉を述べたいと思います。

阪神淡路大震災の15周年を迎えた1/17の朝、
龍之進は一人、旅立って行きました。

More
[PR]
by ChampagneGold | 2010-02-08 09:07 | 龍之進 | Trackback | Comments(2)
Thank You for Tons of Your Love♪ Vol. 3
e0166336_17502342.jpg

龍之進を普段生活していたリビングに移しお水やおやつをあげてから、
鉄之介を連れて主人と一緒にお花を買いに行きました。
外は真っ青な空で風のない、穏やかなお天気でした。

お散歩の時は必ず龍之進を入れていたバスケットに彼のリードとハーネスだけを入れ、
いつもお散歩に行く遊歩道を通って15分ほど、お気に入りのお花屋さんに行きました。
龍之進らしい、かわいいお花を選びました。

なにもかもが、いつもどおりです。

バスケットの中に龍之進がいないことを除いては。

More
[PR]
by ChampagneGold | 2010-02-08 08:55 | 龍之進 | Trackback | Comments(0)
Thank You for Tons of Your Love♪ Vol. 4  -葬儀編-
e0166336_1751244.jpg

龍之進の葬儀をどうするか、しばらく考える時間が必要でした。

16年前に亡くなったちゃむ(マルチーズ♂9歳半)は慈恵院さんという歴史のある動物供養のお寺さんで火葬をお願いし、そこの納骨堂に数年前までお世話になっていました。
しかし自宅から遠い為なかなかお墓参りに行ってあげられないことから、
もっと近い別な動物専用霊園に移しました。

More
[PR]
by ChampagneGold | 2010-02-08 08:38 | Trackback | Comments(2)
Thank You for Tons of Your Love♪ Vol. 5 -同居犬ロス編-
e0166336_1759384.jpg

龍之進が逝ってしまって突然取り残された鉄之介。
生後5ヶ月で里子としてうちの子になり、それ以来ずっと一緒だった大好きな大好きなおにいちゃんがいなくなってしまい、ペットロスならぬ同居犬ロスになってしまいました。

ペットロス、という言葉が定着してからずいぶん経ちます。
数々の専門書が出ていたりカウンセラーの方々も多くおられ、
ペットブームに伴いそれなりの成長産業です。

が、一緒に生活していた家族を失ったのは人間だけではないのです。

More
[PR]
by ChampagneGold | 2010-02-08 07:44 | 龍之進 | Trackback | Comments(0)
Thank You for Tons of Your Love♪ Vol. 6 -Epilogue-
e0166336_15202226.jpg

家族として慈しんできたわんこの死を十数年ぶりに経験しました。

人間の死も同様ですが、この辛いお別れは何回も経験したからといって決して慣れるものではありません。
しかも最後の経験から十数年も経っており、
そして13年も我が子として大切に大切に育ててきた子です。
思い出が多過ぎて何を見ても思いだしてしまいます。

More
[PR]
by ChampagneGold | 2010-02-08 06:12 | 龍之進 | Trackback | Comments(8)