<< The 1st Day on ... ちょっとお疲れ◆うちの子製作所◆ >>
かんたんPhotoshop講座・龍之進講師の巻・其の二
e0166336_16103262.jpg

再び龍之進です。
おかぁさんが◆うちの子製作所◆に振り回されているようなので、
今回もぼくがお話しします。

きょうは【この写真、どうしても使えない?】の巻です。



よくおよそのブログを見せていただいていると、
「あっ、これ、もうちょっと明るかったらもっと素敵なのに・・・」っていう写真を見かけます。
特にぼくみたいな色とか、薄い色のわんちゃんやにゃんこちゃんなら余計に惜しいな、
本当はもっと素敵なのにな、とかって思います。

e0166336_16184040.jpg

例えばこのみかんちゃん。先日うちのおかぁさんがおうちスタジオで撮りました。
e0166336_1619959.jpgホワイトバランスとかいろいろいじってたみたいだったけど、
やっぱりリビングで撮影したのは初めてだったから、少し暗く写っています。
みかんちゃんの本当の色が出てないみたい。

こういう時はPhotoshopの【イメージ】→【色調補正】→【自動レベル補正】を選びます。
うん、これ(右)ですね。すると、
e0166336_16202235.jpgこんなにくっきり!きれいになりました♪

でもこんなに簡単にうまくいく時ばかりとは限りません。
これは元々おかぁさんが撮影時にある程度きちんと設定しているから簡単に、さらにきれいになりますが、
撮影時の設定がめちゃくちゃな場合はそうは行きませんよ。



はい、設定がめちゃくちゃの代表的な例(笑)です。
e0166336_1623535.jpg

誰が撮影したかはないしょです。(バレバレ)

まず何がいけないかをよく観察してみましょう。
大きく考えて、二つ。【暗い】、【青い】ですね。(本来白であるべき部分が何色になっているかを考えれば自ずと答えが出ます)
つまり明るくして、青じゃない色を加えていけばいいわけです。

まずレベル補正ですが、先ほどのみかんちゃんのような自動ではかえって変な色になります。
e0166336_16352447.jpg

ほら、最悪!やらない方がよかった・・・(-_-;)

e0166336_16313721.jpg
ので、マニュアルで操作します。
【イメージ】→【色調補正】→【レベル補正】を選ぶとこのような曲線が出てきます。

ここで真ん中辺りにある三角マークを左にドラッグして中間色を明るめにします。
すると全体的に白っぽくなってしまいますから、曲線の左の端にある三角マークを右にドラッグして黒をほんの少し強めにします。

そうするとある程度状況がわかる程度の画像に変わりました。
e0166336_16411567.jpg

でも青が強いのは相変わらずですよね。
e0166336_16414135.jpg
そこで【イメージ】→【色調補正】→【カラーバランス】を使って青以外の色を強くしていきましょう。このようなバーが出てきます。
青を弱くすることは出来ません。ですので人間の肌やわんこの毛の色など参考になる色を見ながら青(シアン、ブルー)とは反対の方の色に片寄らせていきます。
e0166336_16533337.jpg

はい、この程度になりました。

これ以上は画質が強烈に荒れるので無理はしないこと。
もちろんこれ以上、だけでなく既にこうして大きな数値で編集、編集を重ねた画像はかなり劣化しています。
つまりプリントには適しません。
あくまでWeb上で、なるべく小さいサイズで公開するのみにお使いください。

と言っても最初のみかんちゃん写真への編集程度であれば、十分プリントは可能ですよ♪
出来る限り劣化をさせない為には、
いかに撮影時に適した設定をするかが大切なポイントですよね。

きれいな写真、たくさんブログにアップしてまた見せて下さいね♪
e0166336_1711091.jpg龍之進でした♪(^_^)/
[PR]
by ChampagneGold | 2010-08-03 17:05 | 日々のできごと
<< The 1st Day on ... ちょっとお疲れ◆うちの子製作所◆ >>